永久脱毛は医療機関で?エステで?【レーザー脱毛・永久脱毛・ムダ毛処理のあれこれ】

永久脱毛』について
 
脱毛の永久的な効果を得る為には、毛が再生する仕組み自体を破壊しなければなりません。 
毛根や毛乳頭が残っている限り、毛はまた生えてきます。しかし、毛根・毛乳頭を何らかの方法で処理をすることで永久的に脱毛することが可能になります。
 毛根・毛乳頭を破壊して永久的に毛が生えてこないように、皮膚構造に変化をつけるという処理をすることを永久脱毛といいます。
 

毛母や毛乳頭が毛の再生と関わっていると考えられてきましたが、休止期には毛母は消失しており、また毛母や毛乳頭を切断しても毛が再生することも分かっているそうです。皮膚組織のどこかに毛母や毛乳頭を再生させるもの(幹細胞)が存在するということです。
 
 
永久脱毛は経験と知識のある医療機関・エステティックサロンで受けることをおすすめします。医療機関・エステティックサロンの格差はあると思いますので、納得いくまでカウンセリングを受けましょう。

 
『エステティシャンの技術』
脱毛する人の技術に大きく左右されるそうです。 

経験豊富なエステティシャンを探しましょう。

医療機関のように、高出力の電流を使うことができないエステサロンでは、弱い電流を長時間流すことになるため、ひどいやけどが起こったり、色素沈着の危険性が高くなります。
 
電気脱毛は、直接針を毛穴に挿入し、電気を流すことにより毛根部分を処理するので、通電時にかなりの痛みを感じ、処理の時間もかかります。 
 

g.gif
 
『レーザー脱毛』ナビ【レーザー脱毛・永久脱毛・ムダ毛処理のあれこれ】のトップページ

エステ・美容外科・美容皮膚科検索サイト!
エステの疑問や美容外科・美容皮膚科の不安をメール相談で一発解決!
是非一度相談を!

毛周期はご存知ですか?【レーザー脱毛・永久脱毛・ムダ毛処理のあれこれ】

全身の毛には『毛周期』があります。
各部位によって、伸びる長さや速度が決まっているので、髪の毛はそのままの伸ばしておくと相当な長さまで伸びますが、腕や脚の毛は、そう長くはなりません。

毛周期』は<成長期1> → <成長期2> → <退行期> → <休止期>という3つのサイクルで伸びる長さや速度が決まります。
 
   se1.gif   <成長期1>
毛母細胞が活発になり、皮膚の中で毛が伸び始める。
   se2.gif<成長期2>
皮膚の表面から出てくる頃には毛は太くなってくる。
毛乳頭はだんだん深い所へ。
   ta1.gif<退行期>
成長し終えた毛が抜けるまでの時期。
毛母細胞は分裂停止。
毛は少しずつ押し上げられ毛乳頭と離れていく。
   ki1.gif <休止期>
抜け落ちた毛が再び表面に出てくるまで皮膚の中で休んでいる時期。
毛と乳頭は完全に離れ毛は自然と抜ける。
 
※確実に脱毛をするには、各部位の毛周期に合わせた
  脱毛スケジュールを組むことが大切なのです。
 
『レーザー脱毛』ナビ【レーザー脱毛・永久脱毛・ムダ毛処理のあれこれ】のトップページ

永久脱毛とは?【レーザー脱毛・永久脱毛・ムダ毛処理のあれこれ】

脱毛の永久的な効果を得る為には、毛が再生する仕組み自体を破壊しなければなりません。 
毛根や毛乳頭が残っている限り、毛はまた生えてきます。しかし、毛根・毛乳頭を何らかの方法で処理をすることで永久的に脱毛することが可能になります。
 毛根・毛乳頭を破壊して永久的に毛が生えてこないように、皮膚構造に変化をつけるという処理をすることを永久脱毛といいます。


毛母や毛乳頭が毛の再生と関わっていると考えられてきましたが、休止期には毛母は消失しており、また毛母や毛乳頭を切断しても毛が再生することも分かっているそうです。皮膚組織のどこかに毛母や毛乳頭を再生させるもの(幹細胞)が存在するということです。

 

永久脱毛は必ず経験のある医療機関で受けることをおすすめします。
 


 

『レーザー脱毛』ナビ【レーザー脱毛・永久脱毛・ムダ毛処理のあれこれ】のトップページ



永久脱毛の相談!
≪初診料・診察料無料≫女性専用美容皮膚科ウィルクリニック



相互リンク・SEO対策 Link1-2-3 検索エンジン登録 ASSISTANT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。